考えてるさ とぼけてはいるけれど

“ 女にうつつを抜かすと 私のようになれないよ 考えてるさ とぼけてはいるけれど ”

とぼけているけれど そうです、本当は自分でわかっているから、悔しいからとぼけるんです。

あいたたって思いながら、心に残る歌詞だなー

煩悩がまだ先行する20代の反面、まだ擦れていない純粋な偉くなりたい感が同居する心情を、見事に歌ってくれた好きな曲です。

ひげ = 擦れていない純粋な偉くなりたい

ボイン = 煩悩

ああ、悩めるww

ユニコーン 『ヒゲとボイン』

コメント